フリーターや学生に向いている免許合宿とは

  • 免許合宿のキャンセル料が発生するタイミングとは

    • ここ数年は、格安料金で運転免許が取得できて実質的に無料で観光が楽しめる免許合宿が人気を集めています。

      免許合宿の新しい魅力を紹介します。

      観光地にある一部の教習所では、観光やグルメが楽しめるような合宿プランを販売しているほどです。

      入校する時期が春や夏の繁忙期であれば、人気の高い教習所は2ヶ月以上も前から予約が埋まってしまうケースも珍しくありません。


      教習期間中に観光が楽しめる人気の高い教習所を利用したいのであれば、数ヶ月前から予約・料金の支払いを済ませておく必要があります。

      免許合宿の予約をすると指定された日にちまでに料金を全額支払う必要がありますが、入校日が近づいてからキャンセルしなければならなくなってしまう場合があります。
      キャンセル料が発生する以前であれば、支払った代金は全額返金してもらえます。キャンセル料が発生する場合には、代金の一部だけが返金されます。



      免許合宿でキャンセル料が発生するタイミングは、教習所や予約を行った窓口によって異なります。
      予約サイトを利用して免許合宿をキャンセルした場合、入校日よりも4日前までであれば1万5千円〜2万円、4日以内であれば3万円のキャンセル料が発生する場合がほとんどです。


      一部のサイトでは入校日よりも3週間前までは無料、4日前までは2万円、それ以降は3万円に設定されています。

      教習所に直接申し込みをした場合には、直前にキャンセルをすると代金が返金されない場合もあるので注意が必要です。
      繁忙期に利用する予定で入校日より数ヶ月前に免許合宿の予約をするのであれば、キャンセル料が安い予約サイトを利用するようにしましょう。